HOME » 賃貸物件選びの基礎知識 » 中央区に住むには?おすすめのエリア情報

中央区に住むには?おすすめのエリア情報

中央区で賃貸物件をお探しの方、または検討中の方に向けてエリア情報や賃貸事情をまとめました。

中央区に住むメリット

東京23区内のなかでも家賃の高さはトップ3に入る中央区。賃貸物件をお探しの方にとっては家賃の高さに気を取られてしまいがちですが、実は中央区に住むということはその家賃の対価以上のメリットがあるのです。

中央区は地下鉄が網目のように走るエリアで、区内全域がどの駅からも10分以内というような足回りの良さが魅力です。

少し歩けば買い物スポットの銀座、有名飲食店が軒を連ねる人形町、自然を満喫できる隅田川、浜町公園があり、暮らしの楽しみ満載のエリアなのです。

以下では、さらに中央区の人気エリア「銀座」と「人形町・水天宮前」の2エリアの特徴や賃貸物件の傾向をご紹介します。

銀座エリアの特徴

老舗百貨店はもちろん、国内外の一流ブランドショップ、一流ホテルが並ぶ大人のトレンド発信地として君臨し続けている銀座。

近年はファストファッションブランドの大型店舗が続々オープンするなど、若者からの人気も高まり、平日・週末ともに多くの人でにぎわっています。

国内を代表するエリアとあって家賃はかなり高額。ワンルームで10万超えは当たり前の世界なので、安さを求めて物件を探すとなると苦労しそう。

全体的にハイスペックのマンションが充実しており、魅力的な物件は多いです。

銀座エリアの特徴をもっと見てみる>>

人形町・水天宮前エリアの特徴

人形町駅、浜町駅、水天宮前駅、場所によっては茅場町駅が利用でき、最大5路線の利用が可能です。

さらに、羽田空港や成田空港への直通リムジンバスの発着地である東京シティエアターミナル、首都高速の箱崎と浜町ランプも近く、交通の要と言えるエリアとなっています。

甘酒横丁をはじめ庶民的な下町風情が今なお残り、手頃な価格でおいしい飲食店が多く、隅田川や浜町公園などの自然も豊富です。

人形町・浜町は、利便性の高さだけではなく、街中に楽しみが溢れる魅力的なエリアであることから、やはり賃貸物件の相場は高めです。

銀座ほど高くはないですがワンルームの賃料平均は9.5万円となっています。

人形町・水天宮前エリアの特徴をもっと見てみる>>

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい