HOME » 賃貸物件選びの基礎知識 » 中央区における賃貸物件の選び方

中央区における賃貸物件の選び方

中央区のアパート、マンション、オフィスの不動産賃貸事情を解説します。それぞれ、家賃相場や物件の傾向などをまとめました。

中央区の賃貸物件選び

中央区は、3万件を超える賃貸マンション・賃貸オフィスが出回っている不動産激戦区。中央区内で物件を借りる理由はそれぞれだと思いますが物件選びで後悔しないためには、そのエリアの不動産動向を知っておくことが重要です。

中央区の家賃相場は東京23区トップ3に入る高さなので、安さを求める人にとっては物件探しが厳しいと言われていますが、なかには掘り出し物件もあるので物件情報はこまめにチェックしておくことをおすすめします。

賃貸物件の上手な選び方

多かれ少なかれ、賃貸では毎月お金が発生するわけですから、物件選びに失敗したくないですよね。

事情があって早急に物件を探さなければならないような場合をのぞいては、できれば物件をじっくり吟味できるような時間を確保しておきたいところ。

そして、事前に情報収集をし、自分の譲れないポイントなどを整理した上で、希望の物件を絞っていきましょう。

また、複数の不動産会社をまわって色々な視点からアドバイスをもらうと、偏った情報に惑わされることなくフラットな視点で物件を吟味できるようになります。

住みたいエリアが限定されている場合は、そのエリアの不動産情報に強い不動産会社にお願いするのが一番。物件の情報のみならず、周囲の環境の話も教えてくれるような担当マンが相手に入ってくれると大変心強いはずです。

中央区の賃貸アパート事情

2016年4月現在、東京都中央区で住居者を募集しているアパートの数は53件と、中央区内ではアパートがそもそも希少で、賃貸物件は限られています。

銀座や日本橋エリアにはそもそもアパートがほぼなく、月島や勝どきにチラホラといった程度ではありますが、お値打ち物件があるにはあります。

中央区の賃貸アパート事情を詳しく見てみる>>

中央区の賃貸マンション事情

2016年4月現在、東京都中央区で住居者を募集しているマンションの数は33,236件で、中央区内の賃貸物件と言えばほぼマンションであると言えます。

全体的に家賃は高額で、ワンルームでも10万円超の物件も少なくありません。また、タワーマンションや分譲マンションの賃貸など高額物件が多いことでも有名です。

中央区の賃貸マンション事情を詳しく見てみる>>

中央区の賃貸オフィス事情

2016年4月現在、東京都中央区で空室状況にある賃貸オフィスの区画は1,463件です。全国の商業とビジネスの舵をとっているエリアだけあり、賃貸オフィスの集積地でもあります。

全体的に賃料は高い傾向にありますが、賃料5万円程度のレンタルオフィスも充実しています。

中央区の賃貸オフィス事情を詳しく見てみる>>

中央区で物件を探す際に抑えておくといいポイント

これから中央区で新しい生活を始めるという人で引越しを検討している人もいらっしゃるかと思いますが、引越しをする際には新しい物件について考えている人も多いでしょう。賃貸の物件を選ぶにあたって重要になるポイントは様々ですが、新しく引越すなら満足度の高い物件を選びたいもの。ここではどこを選んだら納得するか迷っている人のためにも中央区で物件を探すポイントについて話します。

まず1つ目に不動産を選ぶ重要なポイントとして駅からの距離があります。地域によって異なりますが、特に東京都の中央区は都会ですので車よりも電車での移動が多くなります。電車を利用する際には駅からの距離は大切ですが、駅チカの物件は家賃の相場が高いのも特徴的です。その為、駅チカと言っても価格は気にしていないという方は問題ありませんが、ある程度家賃もリーズナブルなところがいいと思っている人は徒歩で1分や2分の場所ではなく10分程離れているところを選ぶといいでしょう。実際に少し離れた場所でも10分程度なら徒歩で行けないことはありませんし、自転車を使用すれば時間もかかりません。価格と駅からの距離を考えている人はあまりにも近い場所ではなく、徒歩で10分くらい離れたところを選ぶと家賃も安く駅からも近い物件を選ぶことができます。

続いて2つ目の選び方は周辺の商業施設や公共施設があるかです。賃貸物件を不動産で探すときにはただ単に内装や外見を見て判断するだけでは後悔する可能性があります。基本的に住む家になるので外見や内装は重要ですが、住みやすさを考えれば商業施設の有無や公共施設の有無も確認しておいた方がいいでしょう。例えばスーパーやコンビニなどは比較的安く食料を購入するためや日用品を購入するためにも重要な施設です。スーパーやコンビニまでの距離があまりにも遠いと買い物などは不便になります。また、人によってはCDのレンタルやDVDのレンタルを頻繁に行う人もいるでしょう。こういった商業施設はどこにでもあるというわけではありません。人によって異なりますが、こういった商業施設が必要な場合は周辺環境もチェックしておくことが重要です。また、図書館や病院などの公共施設も必要と思っている人が多いでしょう。病院なども絶対に家の近くにあるとは限らないので、近くに必要な場合はアクセスがしやすい賃貸物件は選び方として大切です。

次に3つ目の選び方はバスとトイレについてです。バスやトイレは近年の賃貸物件では一緒になっているところと別々になっているところの二つに分かれます。それぞれ好みによって異なりますが、使用頻度が多い部分になるので、バストトイレはこだわって選んだ方がいい部分です。

続いて4つ目の不動産で選ぶ際のポイントは収納スペースの多さです。なるべく物は多くしないように暮らそうと思っても季節ごとに衣類は変えないといけないので衣類が増えてしまうこともあります。近年の住宅事情としては収納スペースは比較的少なくつくられていることが多いです。例えばクローゼットが一つだけあるという物件も存在していますし、中には収納スペースがないという物件もあります。収納スペースの有無で暮らしやすさや部屋の広さも変わるので、特に物が多いと分かっている場合には収納スペースについても考えると部屋を広く使用することができます。

その他にも5つ目はwifiの設備についても確認をしておきましょう。近年では自宅でパソコンを使用する人が増えていますし、スマホも通信制限がかかってしまうと通信速度が遅くなるので自宅でwifiを使用する人は増えています。賃貸物件によってもwifiの設備は異なり、中には標準装備されている物件もあります。特にスマホやパソコン等を使用する方はwifiの設備についても考えたいポイントです。

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい