HOME » 賃貸物件選びの基礎知識 » 賃貸不動産会社の選び方は?

賃貸不動産会社の選び方は?

賃貸の物件探しで良い物件にたどり着くためのカギとなる、不動産会社の選び方やポイントを解説します。

賃貸不動産会社の選び方

物件を借りる時に利用する不動産会社。東京都内となると各駅前には不動産屋が軒を連ねていますが、それぞれ何が違うのか良く分からないという方が大半なのではないでしょうか。しかし、賃貸探しで良い物件にたどり着けるかどうかを左右するのが、この不動産会社選びです。

不動産会社にも種類がある

賃貸物件を紹介する不動産会社は、大きく2つのタイプがあり「管理会社」と「仲介会社」に分かれています。

管理会社は、自社で管理している物件を中心に紹介し、仲介会社は不動産の市場に公開されている物件を広く紹介しています。

管理会社の場合は建物の状況をよく把握しているほか大家さんと親しいことも多く、家賃や設備等での融通が効きやすいというメリットがありますが、自社管理物件以外の物件の仲介には力を入れていないため、紹介してもらえる物件が偏る可能性があります。

一方、仲介会社は、契約を締結する際に仲介手数料が発生しますが、多くの選択肢の中から希望に沿った物件を厳選して紹介してもらえるというメリットがあります。

エリアを絞るなら地域密着型不動産がおすすめ

さらに、不動産会社は不動産業の大手がチェーン展開する「多店舗型」と、地域に根付いた不動産活動を行う「地域密着型」の2タイプに分かれます。

住みたいエリアが定まっていない場合や、広範囲から希望に合った物件を探したい場合は多店舗型がおすすめです。

しかし、エリアを絞って探す場合は地元に特化した地域密着型の方が、未公開物件や掘り出し物件などを持っている可能性が高いのでメリットが多いと言えるでしょう。

複数の不動産会社に問い合わせを

不動産業は会社によってカラーがかなり異なりますし、さらに担当者レベルでもサービスの質が大きく左右されます。

希望の捉え方は担当者によって異なりますし、紹介される物件も偏ってしまう恐れもあります。より冷静に客観的な視点で物件探しをするためにも、できれば複数の不動産会社に問い合わせをしてみてください。

その際は、どんな小さなことでも臆せず質問、相談してできる限り多くの情報を得るようにしましょう。不動産会社と上手に付き合うためには、担当者とのコミュニケーションづくりが欠かせません。

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい