HOME » 不動産購入の基礎知識

不動産購入の基礎知識

東京・中央区で不動産購入を検討中の方に向けて、役立つ知識や購入の注意点などをまとめています。

不動産購入に役立つ知識を伝授

「そろそろマイホームを買おうかな」と検討している方は、物件選びのポイントや不動産購入の知識などをインターネット等での勉強を進めている方もいることでしょう。

でも、WEB上にはさまざまな情報がありますし、不確かな情報も多く出回っています。そこで、はじめて不動産を購入するうえで、最低限知っておきたい情報を簡潔にまとめてみました。

「これだけは知っておきたい」という情報なので、覚えておいてください。

中央区における不動産物件の選び方

東京・中央区で住宅購入を検討している方に向けて、物件の選び方を解説。戸建て、マンションのどちらにするか物件タイプを絞り込むのが難しいという人に向けたアドバイスや、中央区内のマンション、戸建て、土地の価格相場や売買の傾向、物件例をご紹介します。

優良不動産会社の選び方

中央区内には膨大な数の不動産屋が存在します。マイホーム購入を成功させるために、不動産売買に強い会社を見抜くポイントや、優良不動産屋の条件をまとめました。

欲しい物件を購入するためには不動産会社選びが何よりも重要となります。

少なくとも2、3社を実際に訪問し、会社の特性や強み、サービスやスタッフの質を比較した上で本当に信頼できる会社をパートナーとして選びましょう。

中央区の住みやすさは?おすすめのエリア情報

銀座や日本橋といった商業エリアのイメージが強く「住むには敷居が高い」と思われがちですが、あまりの快適さに抜け出せないという方も多いエリアです。

中央区に住むメリットや中央区で注目度の高い2エリアの情報をご紹介します。

新築・中古の違い

新築と中古の違いは、「高いけれど新しい家に住める」、「古いけれど安く購入できる」という単純な違いだけではありません。

新築・中古それぞれのメリット・デメリットや都心部の新築・中古の傾向、購入する際の注意点などをまとめました。

ローンや税金について

不動産購入に利用する住宅ローンの種類や選び方、購入の際に発生する税金について解説しています。

ローンや税金の仕組みは素人には分かりにくく、実際には専門的な知識を持つ不動産会社に相談することになりますが、購入をスムーズに進めるためにも最低限の知識を得ておきましょう。

不動産購入の流れ

マイホーム購入を決めてから実際に購入するまでの基本的な流れをまとめました。実際に購入するまでに必要となる作業や手続き、注意点などを解説します。

 

不動産を購入する前に知っておきたい不動産屋の種類

東京都中央区というと銀座や日本橋といった商業とビジネスのエリアというイメージが強いため、マイホーム購入としては敷居が高いと思われがちです。不動産物件を購入する場合には優良な業者を見つけることが先決になります。そして物件も一戸建て住宅やマンション、土地を探してそこに建てる、購入する物件は新築か中古かといった様々な選択肢があります。物件選びを進める際は、将来を見越して仕事や勤務地、自分たちのライフスタイル、計画などに合わせて条件を見極めたいものです。

 

取引形態によって売主と買主間で売買契約を行う場合、不動産業者がその間に入って販売代理や仲介を行う場合があります。不動産業者に相談するなら、前もって気になる物件をポータルサイトでチェックしておくとスムーズです。ポータルサイトでは数々の土地情報や不動産の物件情報の中から条件を絞り込んで探すことができ、物件情報や間取はもちろん、多くの室内写真や外観も掲載され、それらが動画によって詳しく紹介されている場合もあります。これにより、ある程度は物件の情報がつかめ、住む想定がしやすくなるでしょう。しかしイメージで判断せず、何軒か不動産屋を訪れて、サイトで得られる情報と違いがないか確認することも大切です。担当者と対面で相談して初めて得られる重要な情報も無いとは言い切れません。

不動産業者といっても物件の形態によって販売窓口が分かれます。新築マンション物件の場合にはデベロッパーと呼ばれる開発業者が売主となる場合が多いので、分譲物件の購入を検討する際には関わる機会があるかもしれません。新築一戸建て住宅の場合はハウスメーカーや工務店、またはデベロッパーが売主となり、販売代理会社を通して買主とのやり取りをします。一方、中古マンションや中古一戸建て住宅は売主が個人であるケースが多数のため、買主の間に仲介会社が入り、売買条件の調整などを行うのが特徴です。

中古物件を購入して時代のライフスタイルに合わせた間取変更を行ったり、床の段差や溝などで怪我することのないようにユニバーサルデザインのリフォームを行っておいたりすることも不動産会社の仕事です。その場合にはハウスメーカーや工務店、リフォーム会社が改築を行うのが一般的ですが、マンション物件の場合はゼネコン会社が施工したものにこだわるといったケースもあるかもしれません。

分譲物件の販売業務に特化した販売代理会社は購入希望者のメインの窓口になり、購入希望者が不安視する周辺情報や資金計画などを幅広い知識でサポートしてくれるでしょう。

物件を売買する会社だけが不動産業者ではありません。点検や工事により建物の環境を維持する管理会社も不動産業者のうちのひとつです。新築物件の管理会社はデベロッパーによって選ばれる場合が多いといいますが、管理組合総会での決議を経て、この管理会社を変更することが可能です。

賃貸物件の場合には賃借人が退去する際には立会を行い、原状回復義務違反などがあると敷金の中からこれに相当する見積額を差し引きます。また、家賃の滞納などがあるときには滞納分の家賃を併せて差し引いた上で賃借人に残金を返却するといった清算方法を取っている場合が多くあります。

これから先、長きにわたって生活を送るには地域情報を集めることも大切です。地元に根付く業者の場合には鉄道路線や周辺の利便施設、学区や家賃相場も含めた周辺の物件情報を把握していることも多いものです。子育てを考える場合、年齢に応じた子供部屋の広さや子育て支援施設、近くの公園や図書館、児童館などの施設、そして治安を考慮しなければなりませんが、地元の業者ならこれらの情報を具体的に持っている場合が多いとされています。

 

また、居住を希望する地域や予算、築年数などの情報を伝えておくことで希望する物件が出たときにはいち早く情報をもらえることもあります。得たい情報は積極的に尋ねることで、その熱意やこだわりが相手に伝わるものです。不動産会社と一口にいっても様々な役割や専門分野があるので、それぞれの特徴を踏まえて不動産購入のための会社を吟味しましょう。

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい