HOME » 不動産購入の基礎知識 » 中央区における不動産物件の選び方

中央区における不動産物件の選び方

東京・中央区で不動産物件の購入を検討されている方に向けて、住宅購入のポイントや注意点、物件の選び方を解説します。

不動産物件を購入する際の注意点と選び方

住まいの購入と言っても、住宅の種類や物件のタイプ、新築・中古などさまざまな選択肢があり、自分に合った物件の選び方が分からないと言う方もいらっしゃると思います。

マイホームの種類は、戸建て、マンションと大きく2タイプに分かれますが、それぞれ住宅の特性やメリット・デメリットは異なります。

また、戸建て購入の場合は、土地から購入し住宅を建築するという方法もあり、どの物件タイプを選ぶかによって購入の方法は全く変わってきます。

以下のページでは戸建て・マンション・土地それぞれの購入ポイントや選び方をまとめていますので是非、お役立てください。

また、東京都中央区で住宅購入を検討中の方に向けて、各物件の中央区における価格相場や物件数も解説しています。

戸建て

東京・中央区の戸建て売買市場を解説。中央区はマンションの数が圧倒的に多く、戸建ては希少です。また、物件があったとしても高額傾向にあります。

このような特性を踏まえた上で、中央区で戸建て購入をする際の注意点などをまとめました。また、実際の売買事例もご紹介しています。

中央区の戸建て物件事情を見てみる>>

マンション

中央区はマンションの数が多いため選択肢はかなり豊富。富裕層が多いエリアであることから、分譲賃貸やタワーマンション等の高級賃貸やデザイナーズ物件も充実していることが特徴です。

また、月島・勝どきエリアは再開発が進み、タワーマンションの建設ラッシュが続いており新築物件も充実しています。これから中央区内でマンション購入をする際の注意点や不動産会社選びのポイントをまとめていますので、是非ご活用ください。

中央区のマンション物件事情を見てみる>>

土地

東京23区内でNO.1の地価を誇る中央区。過去20年間の地価推移と、そこから読み取れるポイントを整理しました。中央区内の土地売却事情や土地相場、実際の物件事例もご紹介します。

中央区の土地物件事情を詳しく見てみる>>

物件タイプを迷っている人は

戸建てかマンションか、もしくは土地を購入して住宅を建てるなど、物件タイプを迷っている方は、住まいを購入してどんな生活を実現させたいのか、細かいことでも良いので理想をリストアップしてみましょう。

「東京都内が一望できる高層マンションがいい」、「自然豊かな環境で子育てをしたい」など、できるだけ具体的なイメージを書き出したうえで譲れないポイントから優先順位をつけていくと、理想の物件タイプが絞り込めてくるはずです。

必見!いい不動産屋を見極めるポイント

不動産屋は簡潔に説明をすると不動産を取り扱う会社です。不動産と言っても貸し借りや売り買いを仲介している会社から土地を買い、分譲を建設しているデベロッパーまで様々です。種類は色々上げられますが、その中でも多いのが貸し借りや売り買いを行う不動産屋です。特に都心部には多く、これから中央区の近辺で家を探している人や売りたい人もいるのではないでしょうか。ここでは中央区に限りますが、納得のサービスを受けるためにも良い不動産屋を見極めるポイントとは何かについてこのサイトでは説明します。

まず1つ目のポイントは対応地域についてです。基本的に全国に営業所は存在していますが、その理由としては1つの営業所で全国の物件を回るのは効率が悪いからです。その為それぞれの地域で範囲をあまり広げずに営業を行っています。しかし、必ずしも他の地域の物件を取り扱うことができないかというとそうではありません。その為中央区から離れている地域でも物件を紹介してもらえる可能性はありますが、なるべく住みたいと思っている地域から近い不動産屋を利用した方が地域情報も知っていますし、周辺に何があるのかなど詳しい情報も教えてもらえるので魅力的です。特に初めての地域で生活を始めるという場合にはその地域のことについて詳しい不動産屋を選ぶといいでしょう。

続いて2つ目は免許についての確認をしておくことです。不動産業を行うにあたって、必ず必要になるのが宅建業の免許です。これらは国土交通省や都道府県知事の免許を受ける必要があり、ない場合は営業を行うことができません。免許を受けると免許番号が交付されて各営業所に貼られますが、店舗や名刺などに番号が書いていないという場合は無免許での営業になるので注意する必要があります。免許がないと後々トラブルに巻き込まれることも想定できるので、物件だけを見学するのではなく免許の有無についても確認すると安心です。

続いて3つ目は担当者の力についても見ておきましょう。それぞれの不動産屋によって担当者は異なり、担当者の見極めも重要になります。例えば、商品を販売する店舗は商品を並べるだけで売れるなら販売員が存在している意味はありません。販売員の力のおかげで売れることもあります。つまり不動産も営業力は重要で、ないところではあまりいい物件を取り扱っていないこともあります。また、販売力だけではなく、コミュニケーションもあまりとることができない担当者だと要望を伝えることができないなど不便になることもあるので、コミュニケーションや対応力なども大切です。見極め方も難しいですが、例えば疑問に対して分かりやすく説明してくれるかだけでもいいので見ておくといいでしょう。

続いて4つ目は大手か地域密着型かも見ておくといいです。実際にどちらにもメリットがありますが、例えば大手は取り扱っている物件数が多いというのが上げられます。物件数が多いとそれだけ自分の好みの物件も選びやすくなります。また、担当者も契約をするまでしっかりと対応してくれるので安心です。続いて地域密着型では例えば中央区ならその地域の物件を中心に扱っていることが多いですが、例えばネットや雑誌などに広まっていない穴場物件があったり、その地域の治安や住みやすさなども細かく知ることが可能です。二つのタイプがありますが、どちらも魅力的だと思う点はあるので、選ぶときは自分の好みに合うところを選ぶと後悔することもないでしょう。

ここでは不動産屋の選び方について話しましたが、特にどこの不動産屋で依頼したらいいのか分からない人や、初めて引越しをする人などは選び方で悩むこともあるので、なるべく失敗しないためにもこのサイトを参考にして良い不動産屋を探すようにするといいでしょう。

 

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい