HOME » 不動産購入の基礎知識 » 不動産購入の流れ

不動産購入の流れ

マンション・戸建て・土地の不動産購入について基本的な流れをまとめました。

不動産購入の基本的な流れ

マイホームの購入を決めてから実際に購入するまでには多くの作業や決め事、手続きが発生します。不動産購入はどのような流れで進むのか、基本的な流れを頭に入れておきましょう。

1.不動産情報を集める

購入エリアが決まっている場合は、そのエリアにはどれくらい物件があり、どのくらいの金額で市場に出回っているのか、物件相場を把握しましょう。

エリアによって、戸建てが極端に少なかったり、新築が多かったりと特色が異なるので、まずは希望エリアのおおまかな傾向を掴んでおきましょう。

2.仲介会社への問い合わせ

インターネット等で物件を検索し、ある程度自分たちの理想とする物件が絞り込めてきたら不動産会社に問い合わせてみましょう。

新築マンションや新築建売の場合はモデルルーム・モデルハウスに足を運んでみるのも良いでしょう。

まずは、物件を多く扱う地元の不動産屋に足を運び、エリアの傾向や物件の動向を尋ねてみるのも手です。

複数の物件を見学し、譲れないポイントの優先順位づけを明確にしていきましょう。

3.物件の確定

物件見学を繰り返し、候補の物件がいくつか決まったら再び優先順位を整理して、迷いなく購入できる物件に絞りこみましょう。

4.購入の申し込み

購入する物件が決まったら、購入の意思表示と交渉をはじめるための手続きをとります。

5.住宅ローンの審査

住宅ローンの審査を受けて、実際に組めるローンの種類や、金融機関、いくらまで借りられるのかを明らかにします。住宅ローンが組めないと契約に進めません。

6.契約内容についての説明

購入にあたり締結する契約書の内容を確認します。後々のトラブルを防ぐためにも、契約日よりも前に重要事項説明書や契約書のコピーをもらっておき、内容を一読してから契約日を迎えるようにしましょう。

7.契約

重要事項説明書や契約書の内容に同意できたら無事契約締結となります。契約が成立すると後戻りできないので些細なことでも疑問が残ることのないよう、不明点はしっかり解決しておきましょう。

契約後に解約する場合、手付金が放棄されますし、違約金が発生する恐れもあります。

8.住宅ローン申し込み

晴れて契約が成立したら住宅ローンの申し込みを行います。金融機関の本審査で承認を得て、正式にローンを契約します。

9.住居の事前確認

引き渡し前に建物の状態を確認します。契約と違ったところはないかをくまなくチェックしておきましょう。問題が合った場合は引き渡し日までに対応してもらいます。

10.残金決済

購入価格から手付金を引いた残金をすべて支払います。残金の支払いが確認されたら、物件の引き渡しに進みます。

11.入居

残金の支払い、住宅ローンの決済が済んだら物件の引き渡し・入居になります。この時に、不動産の所有権移転の登記が行われます。

入居前の最終確認で、建物の状態をもう一度チェックするので、ここでも不具合がないかしっかり見ておきましょう。

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい