HOME » 不動産購入の基礎知識 » 新築、中古の違いについて

新築、中古の違いについて

マイホーム購入をご検討中の方に向けて、新築・中古の違いを分かりやすく解説。それぞれのメリット・デメリットのほか、戸建てとマンションの違いについてもご紹介します。

新築と中古の違い

新築物件と中古物件の違いと言うと、「高いけれど新しい家に住める」「古いけれど安く購入できる」といった価格差が注目されがちですが、新築・中古の違いはそれだけではありません。

また、マンションと戸建てによっても、新築・中古の特徴は異なります。

新築と中古の違い~マンション編~

マンションの場合、都心にいくほど新築と中古の価格差は小さく、中央区では新築マンションの価格相場が5,688万円に対して、中古マンションは4,386万円。価格差は、1,302万円になります。

さらに、築年数によっても価格は左右され、築5年以内の物件の場合は、価格差が~300万円台、築10年以内でも~800万円台と、築浅の中古はそれほどお手頃とはいえない傾向にあります。

将来住み替えの可能性がある場合、資産投資としての購入をする場合は、中古で購入するとしても築10年以内の築浅物件がおすすめです。築10年以上になると、価値がぐっと下がってしまうので注意しましょう。

また、マンション購入の大きなポイントは、新築の方が中古よりも購入諸費用が少ないということ。購入諸費用は、新築が価格の2.5~5%に対し、中古は5~8%かかります。

仮に、3,000万円だとすると、新築だと75~150万円、中古だと150~240万円の諸費用となり、中古の方が多額の諸費用が必要となります。

さらに、中古でリフォームをする場合はリフォーム費用も加算されるため、いちがいに中古の方が安いとは言えないのです。

希望エリアが決まっている場合は、新築と中古と両方比べて検討することをおすすめします。

新築と中古の違い~戸建て編~

戸建ての場合は、立地や広さなど、土地そのものの価値も影響してきますので、いちがいに新築より中古が安いと言えないエリアもあります。

同じエリア内で同価格帯の物件であっても、建物のグレードに差がある場合もあるので注意が必要です。戸建ての場合は、土地そのものも価値となって残りますから、特に新築を購入する場合は地盤や周辺環境など、長い目でみて価値が残る土地かどうかも慎重に判断した上で購入しましょう。

また、中古戸建ての場合は、建設時期やリフォーム、メンテナンスの内容を必ず確認しましょう。外壁や屋根は少しヒビ割れしている程度に見えても、内部の腐食が進行している可能性もあるからです。

中古物件は、中古ならではの使用感はあるものの、売買価格に消費税が課税されないので安く購入できるのが最大のメリットです。

一方、新築は価格こそ高いものの、設備や建物がすべて新しいので気持ち良く住めるという特長があります。

実際に、戸建てを購入した方の割合では中古が13.8%と、多くの方は新築を選んでいるというデータがあります。

新築・中古の違い~まとめ~

新築と中古のどちらが良いかは、物件の状況や諸費用の金額などを含めて総合的な判断が重要となります。価格は確かに中古の方が安いですが、資産価値として見るとやはり新築が有利です。

とはいえ、一般人に物件の価値を見極めるのは難しいことですので、客観的な目で物件の価値を判断・アドバイスしてくれる不動産業者を見つけることが重要です。

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい