HOME » 不動産購入の基礎知識 » 中央区の住みやすさとは?おすすめのエリア情報

投稿日:

中央区の住みやすさとは?おすすめのエリア情報

中央区の住みやすさと不動産を探すポイントをご紹介

最近目覚ましい開発が進む中央区。昔は銀座・築地・日本橋・月島といった商業地域が中心であま人が住むイメージがありませんでした。ところが最近はエリアごとに個性が目立つようになり、都心3区の一つになりました。ここではそんな中央区の魅力についてご紹介します。

都心3区の一つ中央区

中央区は、東京23区において中心部にある代表的な地区の一つです。千代田区、港区と隣接しており、これら3つを東京の中枢区という意味を込めて東京3区と呼ばれる、代表的な地区でもあります。居住者数は夜間人口が約14万人とされており、23区においては千代田区に次いで少ないとされています。しかしこの中央区の昼間の労働人口は何とその数倍になります。この地域は日本屈指のお店が立ち並ぶ銀座を中心に、多くの商業地区があります。住む街より働く街、活動する街というイメージがあります。南北には長い区域に網の目のように鉄道があり、各方面にアクセスするには十分な環境です。新橋や築地、東京駅にも区が運営する江戸バスが運行されているので、働く人だけでなく生活する人も便利に利用しています。

中央区の特徴と今後

東京23区のほぼ中央に位置する中央区。東京でも有数のオフィス街であり、日本橋・銀座を有する商業地でもあります。

特に都心に近い立地条件であるにも関わらず広大な未利用地が残る臨海部では、住宅に転用されることでも話題になったHARUMI FLUGなど、50階を超えるタワーマンションの大規模な開発案件が噂されています。

楽しく住める中央区

歌舞伎座、新橋演舞場、明治座など日本の伝統的な文化に触れられる施設も多く、国立がん研究センター、聖路加国際病院といった大規模医療施設が充実している地域でもあります。また、隅田川沿いのエリアは浜離宮、石川島公園、晴海ふ頭公園など自然に触れられる施設も数多くあり、築地川公園デイキャンプ場、浜町公園デイキャンプ場のようにキャンプができる場所もあるので、休日は気軽に自然を楽しむこともできます。

これから家族で住む予定の方にはうれしいサービスがあります

中央区の取り組みの一つとして注目されているのが、これから出産を控える夫婦に向けた手厚いサービスでしょう。子育てに関しても嬉しい制度が用意されていて、妊婦さんに対してタクシー利用券1万円分であったり、子どもが生まれると出産祝いに3万円分の使用できる買い物券を支給してくれる子育てに明るい街と言えるでしょう。また、認可保育園での育料も都内では割安な地域です。実際に待機児童数を見てもわかるように平成25年度から平成26年度にかけての1年間で58人減っています。こうした数値からも、住みやすくなるように環境整備を行った結果でしょう。

エリアごとの特色があるのも中央区の魅力

この中央区は行政上で3つの地域にわかれており、それぞれ個性的なエリアになっています。まず、北側にある下町エリアをご紹介します。ここには人形町の他、およそ400年前に江戸を起点とした各地を結ぶ五街道の起点に定められた日本橋があります。ここでは都の中の商業や文化の中心地として発展した経緯があります。そのために江戸時代に創業した老舗も数オック残っています。その一方で大規模開発が行われており、「COREDO室町」や「京橋トラストタワー」といった新たなランドマークが次々と誕生している魅力的な街です。これは利便性追求だけを追求している訳ではなく、電線を地中化したり、石畳を敷いたり、桜の木を植えるといった整備にも力をいれて歴史的街並みの景観を損なわないようにするリニューアルを行っています。こうした開発はこののち数年間続く予定となっています。

築地及び築地場外を中心とした市場の存在

巨大な卸売市場として名高い築地。この界隈は最近話題が事欠きませんが、周辺は再開発が活発に行われています。今移転を巡って多くの話題がある場所ですが、昨年度2016年には銀座メイン通りに面した約1.4haの敷地に巨大な複合施設が誕生しました。この施設には300にもおよぶ店舗が誘致される予定になっています。また築地場内市場は豊洲へと移転することが決まっていませんが(まだはっきりしない)場外市場は同地に残ることが決定しているので今でも新しい施設を利用することが可能です。実は2015年10月に商業施設「築地新市場」が既にオープンしているので、いつでも旬の味を楽しむことが可能です。

住宅展開を視野に入れた周辺開発

四方を運河に囲まれた中央区の南側は、臨海エリアとして月島や勝どき、晴海があります。そしてここは中央区が現在進めている人口増加計画の最前線となっています。中央区としては住まいとして提供し、住みやすい街づくりのために積極的な宅地開発が行われています。最近では50階以上を超えるタワーマンションも増えて、ウオーターフロントに新たな景観をもたらしています。2020年以後は、住宅展開の話もあるようで、利用できるようになるということです。

中央区は各エリアで、それぞれの味を生かしながら再開発が沢山行われています。街の変化を楽しみつつ、生活しやすいエリアが中央区の魅力です。

東京の新しいシンボルHARUMI FLAG

中央区の臨海部では、築地市場跡地に国際展示場を設置する計画や東京ドーム約3.7個分の広さを誇る選手村を転用する「HARUMI FLUG」の計画など大規模開発案件が次々と浮上しています。

HARUMI FLAGは、晴海埠頭の南端に位置し3方向が海に面する開放的な立地と目の前を遮る高層建築物が存在しない眺望が大きな魅力。目の前に広がるレインボーブリッジをはじめ、湾岸エリアの美しいビル群や、東京の街並みを望むだけでなく、湾岸エリアどこからでも目に入る東京の新しいシンボルとも言える街になる予定です。

都心直結の新交通システム

湾岸エリアと都心をつなぐ新交通システムは、世界各国で導入が進むBRT(バス高速輸送システム)が整備される予定で、都市の渋滞を解決する交通システムとして注目を集めています。運行時には新橋駅から豊洲市場への早朝時間帯需要のほか、沿線マンションの開発による深夜時間帯の需要も考えられることから、新橋駅発5時台〜24時台の運行も検討されています。

晴海ふ頭公園&晴海緑道公園

晴海ふ頭公園としてリニューアルされる東京湾に面した開放的な公園は、整備前より1万㎡以上広くなり約3.6万㎡になる予定。公園中央には広大な芝生の多目的広場、海辺に開かれた開放的な空間に変わり晴海緑道公園は、SEA VILLAGEの広場と接続されて開発される予定です。

中央区で外せないオススメ地域

中央区といえば、伝統と文化の香る日本橋をはじめ、国内でも代表的なショッピング街である銀座、下町のアットホームで温かみのある月島など、魅力的なスポットを数多く抱えた人気のエリアの1つです。そんな中央区が住みやすさでも優れているということは、意外と知られていないかもしれません。そこで中央区で不動産を探す方に、いくつかおすすめの区内エリアを紹介したいと思います。

日本橋浜町

まず1つめは日本橋浜町です。このエリアの有名スポットと言えば、自然が豊富で広大な「浜町公園」と、東京を代表する劇場として知られてきた「明治座」が有名。基本的にはオフィス街ですが、夜になると静かで落ち着いた雰囲気になります。周辺にはスーパーやコンビニが充実しており、「浜町駅」や「東日本橋駅」などの地下鉄駅も徒歩圏内という交通利便性の高さ。休日には「浜町公園」で家族連れが賑わう、住環境に優れたエリアです。

日本橋小網町

2つめのエリアは日本橋小網町。このエリアは歴史的に水上交通の要所として栄えた、日本橋川の北岸にある静かな町です。このエリアの一押しは、交通アクセスがなにかと優れている点。特に、歩いてすぐの場所にはリムジンバスの発着場である「TCAT」もあり、旅行や出張などで成田空港を利用する時には、たいへん便利です。もちろん鉄道路線も充実しており、最寄りの「水天宮前駅」や「茅場町駅」へはいずれも徒歩10分以内でアクセス可能。東西線や日比谷線、半蔵門線など地下鉄も複数路線が利用できるため、都心部の移動には困りません。

勝どき

3つめのおすすめは勝どきエリア。隅田川河口の中州をカバーするこのエリアは、高層マンションが立ち並び、見晴らしも治安もよい人気のスポットです。そしてこのエリアの特徴は、何と言ってもファミリー層が多いこと。隅田川のリバーサイドで自然も豊富にあり、商業施設や学校などがしっかりと整備されていることも、人気の大きな理由と言えるでしょう。また、高級マンションやタワーマンションの集まるこのエリアは、治安が良いこともファミリーにはふさわしいポイント。そのうえ、「ディズニーランド」や「ららぽーと」などへの交通アクセス環境も良いため、休日にお子様連れでお出かけするにはピッタリの環境です。

八丁堀

そして4つめは、東京駅へも徒歩でアクセス可能な八丁堀エリアです。最寄駅は「八丁堀駅」ですが、銀座や丸の内へも徒歩圏内にあるこのエリアは、通勤やショッピングには最適。築地からも近いので、美味しい和洋中華を味わえる、多くの飲食店が集まっているのもこのエリアの特徴です。さらにスーパーやコンビニをはじめ、クリニックや薬局も充実しており、日々の暮らしに不自由することはありません。ビジネスマンだけでなく、ファミリー層でも不自由しない生活環境があります。

築地

最後におすすめなのは、「築地市場」や「築地本願寺」など、その有名スポットでも知られる築地エリア。周囲には新鮮な魚介類を扱った多くの老舗名店が集まり、観光地としても賑やかなエリアです。その一方で、病院や学校、商業施設などの生活インフラがとても充実。例えば、保育園や幼稚園、小学校の整備増強も急速に進んでおり、子育てしやすい環境がここにはあります。また銀座や豊洲にも近いため、ショッピングにも困ることはありません。もちろん地元にも、スーパーやコンビニをはじめ、昔ながらの小さな商店も多く集まっており、毎日の生活に欠かせない食料品や日用品の調達に無駄な時間を要しません。そして交通の利便性についても、最寄りの「築地駅」や「東銀座駅」が徒歩圏内にあるのでとても便利。日比谷線や浅草線など複数路線を利用できるため、銀座や六本木、恵比寿など主要エリアへも楽々快適にアクセスできます。

中央区の住やすさまとめ

すべてが揃う中央区

必要なものが、すべて街の中に揃っている中央区。商業、文化、そしてこれからの大規模な開発により公園、交通、エネルギーなど、人々の暮らしに欠かすことのできない機能が一斉に整備される予定です。中でも「輝く未来を地域と築く新しいまちの学舎」のコンセプトのもと、晴海5丁目には6,000㎡の校庭を有する小中学校が新設され、地域に開放されるプール、武道場、体育館、校庭なども予定されています。さらにPORT VILLAGEには保育施設も設けられる予定で、子育てにもゆとりと安心が生まれます

要望別・中央区のおすすめ不動産会社まとめ

借りたい
貸したい
買いたい
売りたい